許可が出て、涙も出たのは2回目!
 
186544463_1230876814036162_287687723462371402_n
 
 農業用トラクタでも、ロータリーなどの作業機をつけて公道を走行する際、車幅が250センチメートルを超えるなどの場合は、特殊車両通行許可が必要となります(ほかにウインカーなどの灯火器類、大型特殊免許も必要です)。



 
 これまで違反状態でも黙認されて来たようですが、近年は取り扱いが厳格化され、実際に取り締まりを受けるケースもあるようです。ぜひ早めに許可を取得されることをお勧めします。

 
しかしこの許可申請、通常の大型トレーラーなどが国道を通行する場合の特殊車両の許可とは全く勝手が違います。実測に基づく計算が必要な場合がありますし、申請マニュアルも出ていないので、農家さんが自分でやるにはかなり専門的で難しいと思います
 さらに今回、許可を出す道路管理者でもまだ取扱いは少ないとのこと。難しい上にレアな許可申請のため、「誰もやり方がわからない」という手探り状態で始まりましたが、国、自治体、メーカーさん、農機具販売店さん、JA、ご依頼人、その他各方面にご協力いただき、この度、無事に許可となりました。

 さてこれを扱う行政書士は、会津でも、おそらく数えるほどしかいないと思われます。ぜひ弊所にご相談ください。