事務所では、日々、各種の契約書、協議書、議事録、証明書等を作成しております。その際、場合によってはお一人の方が何か所も判子を押す必要があります(みなさん結構、驚かれますね)。
 それは、中身のすり替えや改ざんを防止するためですが、ハンコの押し方、目的によっていくつか種類があります。

①契印(けいいん)
 契印とは、文書が複数枚に渡る場合に、その連続性を証明するために綴じ目に押すものです。
 製本テープで製本した場合には、背表紙と表紙、裏表紙の綴じ目に押す場合もあります(この場合、表紙と裏表紙の2箇所だけの押印で済みますので、枚数が多いときは便利です)。
 例えば、契約書が3枚にわたる場合は、3枚を一冊に綴じて、1枚目と2枚目の間、2枚目と3枚目の間というように全ての綴じ目に押印することで中身のすり替えを防ぐことが出来ます。

②割印(わりいん)
 割印は、同一内容または一体性のある文書が複数存在する場合に、その同一性を証明するために、他の文書とまたがって押すものです。2枚は切り離されますので、印影は割れることになります(それで割印といいます)。
 例えば契約書や証明書を他人に交付する際に2枚をまたぐように押印することで、お互いに改ざんを防止します。たまに、前の契印と割印をひとくくりにして「割印」と呼ぶ方がいますが、二つは異なる物です。

③消印(けしいん)
 消印は印紙や切手を貼った上から台紙とまたぐようにして押印し、使用済みであることを示す為のものです。
 消印は再利用を防ぐ趣旨のものですので、消印をするのは当事者のうち誰か一名だけでよく、また署名によってもかまいません。なお申請書等に印紙を貼る場合は、消印をしてはならないケースも存在しますのでご確認ください。
 
④捨印(すていん)
 捨印は、文書を書き換えたことを示す「訂正印」を、あとから当事者に貰いにいく手間を省くため、あらかじめ文書の欄外(多くは文書上部)に押すものです。誤字や軽微な内容の修正のために使われます。
 捨印は白紙委任状にハンコを押すようなものですから、文書を渡す相手が信頼できる場合で無ければけっして押してはいけません。特に契約書や借用書等には絶対に捨印は押さずに、面倒でもその都度訂正するか、書き直してください。