tanbo
 ご家族が亡くなったら様々な手続きが発生することは皆様ご承知の通りです。役所に対する届出としては死亡届がありますが、そのほかに農地や森林についての届出が必要な場合があります。

 農地は農地法という法律によって取引が制限されています。本来、土地の取引は自由に行ってよいはずですが、「農業は国の基」と言いますので、その土台にある農地については農業委員会の管理下において、むやみやたらな開発や投機的な動きに目を光らせたいという法律の狙いがあります。
 しかし相続に関しては何かの手続きをしなくても所有権が移転しますので、農業委員会はその中身を知ることが出来ません。そこで届出を義務付け、状況を把握し、例えば相続人が農業を行わない場合は、他の農家による活用をあっせんするなどを行います。
 森林の場合もほぼ同様の趣旨ですが、相続に限らず、売買や譲渡の場合で名義変更の登記をしない場合でもこちらは届け出る必要があり、また添付する書類はこちらの方が若干面倒な印象があります。

林野庁「森林の土地の所有者届出制度」

 どちらも最近できた制度ですので、昔のご相続の時には無かったかも知れません。自治体によっては死亡届を窓口に出すときに案内をしてくれるところもあるようですが、まだまだマイナーな制度です。

 届出内容を証明するための添付書類には、公図や登記簿等をつける必要があり、多数の土地を届け出る場合は費用がかさむ場合があります。かといって期限までに届出をしないと罰則を受けることもありますので(稀ですが)、大変な場合はご自分で判断せずに、詳しくはお住いの自治体か、お近くの行政書士にご相談ください。